【口コミで厳選】卵殻膜美容液のおすすめランキング

卵殻膜美容液ランキング

たるみ、シワ、シミ、くすみ・・。年齢を重ねてくると、肌悩みはどんどん増えていきます。
エイジングケアは、気づいた時に出来るだけ早く始めた方が良いでしょう。
自宅で始めるエイジングケアでオススメしたいのが、卵殻膜美容液。
年齢肌の悩みを、たった一つで改善してくれると今大人気なんです。
美容業界が注目する、卵殻膜エキスがふんだんに使われている美容液でケアしてきましょう。
卵殻膜美容液の中でも、特におすすめしたいアイテムをランキング形式で紹介していきたいと思います。

 

↓ ランキングをチェック ↓

※ 下にスクロールします ※

 

参考:卵殻膜の森

 

Contents

美容業界大注目!卵殻膜ってなに?

たまごの画像

卵殻膜とは、卵の内側にある薄さ0.07mmの膜のこと。ゆで卵を剥くと、白くて薄い膜がついているのを、誰もが見たことがあるでしょう。
卵が母鳥から栄養をもらわなくても成長してヒナにかえれるのは、卵殻膜から栄養をもらっているお陰。
かつては力士も、稽古で受けた傷へ卵殻膜を張り手当てをしていました。
卵殻膜にはシスチンといった18種類のアミノ酸やヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分が自然に保有されています。
卵殻膜に保有される美容成分は、人間の肌に近くなじみやすいというメリットが◎
その美容効果はアメリカの学術専門誌「Cell &Tissue Research」でも掲載され、研究者からも注目されました。
最近では卵殻膜が配合されたスキンケア商品が登場してきて、年齢肌に悩む女性達のケアに役立たれているんです。
卵殻膜成分が配合されたスキンケア商品を選ぶなら、美容液がおススメ。
美容液は成分の濃度が高く、より卵殻膜の効果を実感することができるからです。

 

こんな肌悩みがある人に卵殻膜美容液がおススメ

卵殻膜美容液は、こんな人におススメです。

✔ハリや弾力の衰えを感じている
✔顔がくすんでツヤがない
✔目元や口元に自信がない
✔皮脂がやたらと分泌される
✔肌の乾燥が気になる
✔小じわをどうにかしたい

歳を重ねると、次第に肌悩みも増えていきます。そんな年齢肌のケアこそ卵殻膜美容液の得意分野。

年齢肌の原因を明らかにすると、卵殻膜美容液がエイジングケアにピッタリであるワケが分かります。

 

卵殻膜美容液でⅢ型コラーゲンが減少を食い止める!

ハリや弾力の低下、くすみや乾燥など様々な年齢肌の原因は、Ⅲ型コラーゲンの低下です。
Ⅲ型コラーゲンとは、別名ベビーコラーゲンとも言われており、肌のハリや弾力を決定づけるものでもあります。

コラーゲンには現在、29種類の型が発見されています。
肌のハリや弾力を作るのはI型コラーゲン。しかしⅠ型コラーゲンだけでは肌のハリや弾力をキープすることはできません。Ⅰ型コラーゲンはⅢ型コラーゲンに支えられることで働きを発揮できます。
しかしⅢ型コラーゲンは加齢と共に減少し、40代になると20代の半分くらいの量まで落ちてしまうのです。
Ⅰ型コラーゲンを支えるⅢ型コラーゲンの減少により、肌の弾力やハリが低下します。

出典:卵殻膜の森

卵殻膜エキスにはⅢ型コラーゲンをサポートし、また生成力を高める力があります。それにより肌力が格段にアップ。
たるみやシワ、くすみ、過剰皮脂分泌、乾燥などの年齢肌のケアが可能なのです。

卵殻膜美容液はエイジングケアにピッタリと言えます。

 

どれにしよう?卵殻膜美容液の選び方

卵殻膜美容液の選び方

卵殻膜のエキスが配合されたスキンケア商品はいくつか種類があります。

そのため、どんな卵殻膜美容液を購入すればいいのか迷ってしまいますよね。
選び方の基準をご紹介していきます。

 

卵殻膜エキスが高濃度配合されているものを選ぶ

卵殻膜エキスを配合と謳っていても、実際にはごくわずかしか含まれていなかった・・。ということもあります。
購入する前に、どれくらい配合されているのかチェックしましょう。特に90%以上配合されているものはオススメです。
また、卵殻膜エキスと相乗効果が狙える美容成分が配合されているものも良いでしょう。

 

口コミ評価が高い&満足度が高いものを選ぶ

ネットで検索すると、美容液の口コミをチェックすることができます。
口コミですべてが良い意見ばかりだと、逆にサクラである可能性も。どんなに良いスキンケア商品でも、合う合わないは個人差があります。多少は否定的な意見もあったほうがより信憑性が増しますよね。
また、使用した人のリピート率や、満足度などもチェックポイントだと言えます。
できるだけ多くの人が満足できているものを選ぶと良いでしょう。

 

続けられそうな価格のものを選ぶ

スキンケアにどれほどのお金が掛けられるのかは、その人次第です。
ある人には安くても、ある人には高額かもしれませんし、かといって安すぎるものを使うのもある程度年齢を重ねた肌にはふさわしくないかもしれません。
エイジングケアは継続がキモ。自分にとって続けられそうな価格のものをチョイスしましょう。

 

成分が肌に優しいものを選ぶ

継続して使うものだからこそ、肌にとって負担のないものを使いたいですよね。

化粧品は前世韻文を表示しなければいけないという法律が定められています。
旧表示指定成分が含まれているものは要注意。
旧表示指定成分とは、厚生労働省が1980年に定められた、アレルギーを含む皮膚トラブルを引き起こす可能性のある成分を指します。
詳しくはこちらのサイトから調べる事ができます。
旧表示指定成分について>>
無添加化粧品とは、旧表示指定成分が含まれていない化粧品です。
肌のことを考えると無添加の化粧品を選んだ方が断然良いですよね。

 

 

実際どうなの?卵殻膜美容液の口コミ&評判まとめ

卵殻膜美容液の力はすごい!今までやってきたスキンケアのなかで、断トツです。使用してから3か月たちますが、今ではくすみが消えて、肌のトーンがアップ!肌ももっちもちです!これは手放せません。

30代後半ですが、20代の時よりも肌の調子はいいです。数年間、卵殻膜美容液を使っているからだと思います。長らく続ければ続けるほと、同年代の人と差が出てくるのを実感しますね。美容医療に頼らなくても、私も今のところこれでナチュラルにケアできています。

目元や口元のたるみが、次第に解消されてきているのを感じています。笑いジワは素敵ですが、どうしても年齢を感じさせてしまいますもんね。気になるところに重ね付けすれば、より濃厚にケアができます。前ほどシワが気にならなくなったので、自信がつきました。

すっぴんに自信が持てなかった私。卵殻膜美容液なら私の肌をどうにかしてくれるかも!?と思い始めました。実際、使ってみて大正解!周りにも肌がキレイだと言われるようになり、彼にすっぴんを見せても好評でした!

卵殻膜美容液をずっと続けられるのは、卵殻膜のすごさを知ってしまったから。年齢肌に悩み、スキンケアではどうにもならないのか・・と諦めかけていましたが、今では肌がいきいきとツヤもありますし、お化粧ノリもアップ。おしゃれも楽しくなりました。

 

卵殻膜美容液のおすすめランキングBEST3

数ある卵殻膜美容液の中から、特におすすめしたいものをランキング形式で、ベスト3まで選出してみました。
以下を評価の基準にしています。

・口コミの評価の高さ
・使用後の満足度
・効果の高さ
・コストパフォーマンス

 

1位 ビューティーオープナー

ビューティーオープナーの画像

商品名 ビューティーオープナー
通常価格 5,800円
定期コース価格 初回限1,980円(65%OFF)

2回目以降4,466円(23%OFF)

主成分 卵殻膜エキス・ヒアルロン酸Na・スクワラン・カンゾウ根エキス
内容量 18ml(1ヶ月分)
返金保証

ココがポイント

  • 卵殻膜エキス95%の高濃度配合!
  • 卵殻膜美容液2年連続売り上げNo.1
  • 使用した93%の人が効果に満足

卵殻膜美容液で圧倒的な人気!

公式サイトはこちら

30代からのエイジングケアに最適

 

堂々の一位に輝いたのはビューティーオープナー!顧客満足度・人気度・コストパフォーマンスどれをとっても優秀です。
卵殻美容液の中でも最も売れている商品で、モンドセレクションも3年連続金賞を獲得。
情報バラエティー番組「Girls happy stile」でも取り上げられ、各方面から効果はお墨付きです。
ビューティーオープナーは、卵殻膜エキス95%とかなりの高濃度で配合されていて、使用した93%もの人が効果を実感し、満足しています。
初回購入は通常価格の65%OFFの1,980円、定期コースであれ2回目以降も23%OFFの4,466円で購入が可能。卵殻膜美容液のなかでも比較的手が出しやすい価格でもあります。
卵殻膜エキスのほかに、美容成分ヒアルロン酸やスクワラン、カンゾウ根エキスなどが効果を支え、保湿やニキビなどの肌荒れも防いでくれます。

 

 

2位 チェルラーブリリオ

チェルラーブリリオの画像

商品名 チェルラーブリリオ
通常価格 6,600円
定期コース価格 初回限1,996円(69%OFF)

2回目以降5,072円(23%OFF)

主成分 卵殻膜エキス・フラーレン・EGF・プロテオグリカン・
3つの幹細胞(ムクゲカルスエキス・リンゴ果実培養エキス・エリンギウムマリチムカルス培養液)
内容量 15ml(1ヶ月分)
返金保証

ココがポイント

  • 96%の高濃度卵殻膜エキスが配合!
  • 顧客満足度は92.3%
  • シリーズ累計出荷実績200,000本突破!

芸能人やモデルも愛用する美容液

公式サイトはこちら

美容マニア絶賛の美容液でエイジングケア

 

第2位となったのはチェルラーブリリオ。卵殻膜エキスが、美容液でも最高レベルの96%配合されています。
1位と甲乙つけ難かったのですが、若干値段が高くなる事、顧客満足度が0.7%の差があったため、2位となりました。
しかし効果はビューティーオープナーの引けをとりません。
チェルラーブリリオは卵殻膜エキスだけでなく、美容に魅力的な成分であるフラーレンやEFG、プロテオグリカン、3つの植物幹細胞が保湿力やキメを整え、卵殻膜エキスの働きをサポートしてくれます。

 

 

3位 ハニプラ美容液

ハニプラ美容液の画像

商品名 ハニプラ美容液
通常価格 12,250円
定期コース価格 初回限2,980円(75%OFF)

2回目以降9,800円(20%OFF)

主成分 卵殻膜エキス・ヒト幹細胞エキス・4種のはちみつエキス
内容量 30ml(1ヶ月分)
返金保証

ココがポイント

  • 卵殻膜エキス・ヒト幹細胞エキスW配合最強美容液
  • 初回永久返金保証あり!
  • 使用者の93%が効果に満足

卵殻膜・ヒト幹細胞の力で肌を土台から立て直す!

公式サイトはこちら

リッチな美容液が初回は2,980円

 

3位となったハニプラ美容液。卵殻膜と並んで、美容業界が注目する最先端美容成分ヒト幹細胞もWで配合されています。
ヒト幹細胞といえば皮膚の再生医療でも使われる成分。美容界でも取り入れられ始めています。
卵殻膜でとヒト幹細胞二つの力で皮膚のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸をサポートし、生成を促してくれます。
ハニプラ美容液は高価であるとの声もあり、続けやすさの観点から3位に。
初回は永久的に全額返金を保証されており、サポート体制も充実しているようです。

 

 

おすすめの卵殻膜美容液を比較

ベスト3に挙げたオススメ卵殻膜美容液を一つの表にまとめてみました。
どの美容液にするか迷ってしまう人は参考にして、自分のニーズに一番合いそうなアイテムを選びましょう。

商品名 ビューティーオープナー チェルラーブリリオ ハニプラ美容液
ビューティーオープナーイメージ
評価 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆
価格 初回1,980円 初回1,996円 初回2,980円
特徴 1. 卵殻膜エキスが95%配合
2. ヒアルロン酸・スクワラン・カンゾウ根エキス配合
3. モンドセレクション3年連続金賞受賞
1. 卵殻膜エキスが96%配合
2. フラーレン・EFG・プロテオグリカン・植物性幹細胞配合
3. アンケート「ずっと使いたい美容液」NO.1獲得
1. 卵殻膜エキス・ヒト幹細胞エキスがW配合
2. 4種のはちみつエキス・温泉水を採用
3. 初回のみ永久返金保証
評判 評判 評判 評判
公式 オージオ アルマード メニーナジュー

同じ卵殻膜美容液といっても、比較してみるとそれぞれ特徴が違う事が分かります。
3つとも初回がお求めしやすい価格なのは嬉しいところ。
すべて試して自分が一番好きなものを続けるというのもアリなのではないでしょうか。

 

 

卵殻膜美容液にはどんな効果がある?

卵殻膜美容液の効果

卵殻膜エキスには、年齢を重ねるごとに減少するⅢ型コラーゲンを支え、生成する力を高める働きがあると先にも説明しました。
卵殻膜美容液でⅢ型コラーゲンを活性化させることで、以下の美肌効果があります。

・肌のハリ・弾力がアップする
・肌のトーンがアップ
・透明感がでて、ツヤが生まれる
・肌を潤わせる
・スムーズな肌周期へ整えてくれる
・シミやシワの対策

 

卵殻膜はコラーゲン生成力を高めるから、お肌がプルプル

コラーゲンは体内で合成され、新陳代謝によって日々消費されます。歳を重ねると、生成力が落ち、消費量に追い付かなくなってしまうのです。
コラーゲンを生成する力が衰えるのはしかたのない事でもあります。でも放っておくと肌の老化はまっしぐら。
かといって、コラーゲンそのものを補うのは至難ワザです。食べ物でコラーゲンを取り入れても消化段階でアミノ酸に分解されるため、コラーゲンがそのまま肌に届くことはないのです。
卵殻膜エキスはコラーゲンのサポートや生成力を高める効果があります。コラーゲンそのものを取り入れるのではなく、コラーゲンを作り出す力を高めれば、肌を土台から立て直すことに繋がります。
自分で生成したコラーゲンの力でお肌がプルプルになり、肌のハリや弾力が生まれるのです。

 

18種のアミノ酸がシミやシワへアプローチ◎肌のトーンがアップ!

卵殻膜はヒトの肌に近いアミノ酸が18種含まれています。そのため卵殻膜美容液はとてもなじみがよく、即効性も高いのです。

 

卵殻膜のアミノ酸
リジン・ヒスチジン・トリプトファン・フェニルアラニン・バリン・メチオニン・イソロイシン・ロイシン・スレオニン・グリシン・プロリン・シスチニン・アルギニン・アスパラギン酸・セリン・グルタミン酸・チロシン・アラニン

 

卵殻膜に特に多く含まれているのはシスチン。
シスチンはメラニンの生成、蓄積によってできたシミを改善させる効果があるアミノ酸です。
シミの大元、メラニンを生成する酵素チロシナーゼを抑える働きがあります。
卵殻膜美容液は、シスチンの効果によりシミを防ぎ、肌のトーンをアップさせる効果があるのです。

 

ヒアルロン酸でお肌の潤いを保つ

保湿も肌のケアにはかかせません。
肌の乾燥は、小じわやくすみ、キメを粗くし、バリア機能を低下させて肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。
卵殻膜には保水力に優れたヒアルロン酸が保有されています。ヒアルロン酸1gではなんと6リットルの水が持てるのです。スポンジが水分を吸収して蓄える形を想像してもらえると分かりやすいかもしれませんね。
ヒアルロン酸もコラーゲン同様、年齢を重ねていくと減少してしまいます。しかし卵殻膜美容液でケアをすれば補うことが可能です。
肌の水分をしっかりと抱えてキープし、潤いを保つ働きにより、乾燥からくる肌トラブルを改善します。

 

卵殻膜美容液の効果はどれくらいで実感できる?

卵殻膜美容液の効果は、使い始めてからどれくらいで実感できるのか気になりますよね。

卵殻膜美容液は、肌に馴染みやすくグングンと浸透してくれます。そのため使い始めてすぐに違いを実感する人も多いです。

例えば夜のスキンケアから卵殻膜美容液をスタートさせたなら、翌朝にはモッチリ・しっとりなどの肌の変化に気づくことができます。
しかし、ハリや弾力・ツヤやトーンアップなど肌の内側からの効果は、継続して使用することが大切です。
卵殻膜美容液によって、肌力がアップしたほとんどの人は長期的にスキンケアとして取り入れています。

なぜなら肌にはターンオーバーという肌が生まれ変わる周期があるからです。

肌は4つの層から成り立っていて、下から押し上げられて新しい皮膚へと生まれ変わるのです。最後には古い角質となって自然に剥がれ落ちていきます。
垢は古い角質ということですね。

ターンオーバーの周期は年齢によって異なります。

10代・・・約20日
20代・・・約28日
30代・・・約40日
40代・・・約55日
50代・・・約75日
60代・・・約90日

歳を重ねるごとに、肌の生まれ変わりのペースがどんどん遅くなっていきます。

卵殻膜美容液の効果を実感するには、ターンオーバーを最低でも1周するくらいの日数は使用した方が良い事が分かります。
美肌になるには、肌を作り出す過程が大切。肌をつくる環境が良くないと、本当の意味での美肌にはなりえません。
卵殻膜美容液をスキンケアに取り入れて、長く使用することで美肌を作り出す環境を整えることができます。

 

 

オススメ卵殻膜美容液の成分について

今回オススメする、ビューティーオープナー、チェルラーブリリオ、ハニプラ美容液。
卵殻膜エキスの美容液ですが、その他の成分も含まれています。
スキンケアアイテムを購入するとき、どんな成分からできているのかチェックする人も少なくないですよね。
それぞれの美容液の全成分、卵殻膜以外の美容成分についても詳しく紹介していきます。

 

ビューティーオープナー

ビューティーオープナーの効果が現れるのはいつ

ビューティーオープナーの全成分は以下になります。

水・BG・ペンチレングリコール・加水分解卵殻膜・ヒアルロン酸Na・スクワラン・カンゾウ根エキス・バラエキス・ローズマリー油・レモングラス油・ニオイテンジクアオイ油・デキストリン・オレイン酸ポリグリセリルー10・クエン酸Na・クエン酸

 

美容成分1. ヒアルロン酸Na

卵殻膜エキスにはヒアルロン酸が自然保有されていますが、ビューティーオープナーはさらにヒアルロン酸Naをプラスで処方しています。ヒアルロン酸Naは化粧品でよく使われる成分です。水に溶けやすく、高い保湿力がありオイルとは違った質感でお肌をしっとりとさせてくれます。

 

美容成分2. スクワラン

スクワランは、ヒトの皮脂膜を作るのに欠かせない存在。皮脂の量も年齢によって減少します。皮脂が少なすぎると保湿力が低下し、乾燥や紫外線、ほこりなどの外的刺激に負けやすい肌に。スクワランを肌に取り入れることで肌を保護し、保湿します。またスクワランには肌を柔らかくするエモリエント効果もあるのです。

 

美容成分3.カンゾウ根エキス

カンゾウ(甘草)エキスは、古くから傷の治療に使われている成分です。
ニキビを予防、肌荒れを防ぎ、抗炎症効果や抗アレルギー効果があります。
またシミの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあり、美白も期待ができる成分です。

 

チェルラーブリリオ

チェルラーブリリオの成分

チェルラーブリリオの全成分は以下になります。

BG、加水分解卵殻膜、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フラーレン、リンゴ果実培養細胞エキス、エリンギウムマリチムムカルス培養液、ムクゲカルスエキス、水溶性プロテオグリカン、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、グルコシセラミド、スクワラン、ノバラ油、イランイラン花油、α-グルイアン、マンニトール、レシチン、グリセリン、PVP、キサンタガム、PDG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール

 

美容成分1. フラーレン

抗酸化力が高いフラーレン。その効果はビタミンCのおよそ172倍とされています。
美白やシワの改善、肌のバリア機能アップなどの効果があります。
フラーレンが老化の原因となる活性酸素を除去してくれるので、その他の有効成分が本来の力を発揮でき、効果が得やすくなります。

美容成分2. EGF

EGFは肌の細胞を活性化する働きがあります。EGFはヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1と表示され、たるみ、シワ、くすみ等を改善してターンオーバーの乱れを整えてくれる効果があります。

美容成分3. プロテオグリカン

プロテオグリカンは、体内でコラーゲンやヒアルロン酸が産生されるのを助けてくれる成分です。
高い保湿効果があり、肌荒れやシワ、たるみを改善。メラニン色素の生成を抑える働きもあるので、シミを防ぐ効果もあります。

 

ハニプラ美容液

ハニプラ美容液の成分

ハニプラ美容液の全成分は以下になります。

温泉水、プロパンジオール、水、ペンチレングリコール、グリセリン、ベタイン、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、加水分解卵殻膜、ハチミツ、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ローヤルゼリーエキス、加水分解ハチミツタンパク、BG、キサンタンガム、キハダ樹皮エキス、クエン酸Na、プラセンタエキス、クエン酸、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、ポリソルベート80、エタノール、サイタイエキス、カプリリルグリコール、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12−13)グリセリル、ヒアルロン酸アスコルビルプロピル、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、酢酸トコフェロール、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コラーゲン、カプリロイルジペプチド-17、水溶性プロテオグリカン、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、フェノキシエタノール

 

美容成分1. ヒト幹細胞エキス

細胞を作り出す機能を持つ細胞を、幹細胞といい、ヒト幹細胞エキスはヒトの幹細胞を培養して抽出したエキスを指します。
ヒト幹細胞エキスには成長因子が含まれているため、スキンケアで取り入れることで肌細胞が活性化し、肌全体の機能がパワーアップします。
シワやたるみの改善・予防、美白効果、抗酸化作用などの効果がある成分です。

 

美容成分2. 4種のはちみつエキス

ハニプラ美容液には、ハチミツ、ローヤルゼリーエキス、ハチミツタンパク、グルコノバクターの4種のはちみつエキスが配合されています。はちみつエキスの保湿力は高く、肌に薄い保護膜をつくり、美容成分を肌の奥まで閉じ込めてキープさせます。

 

美容成分3. サイタイエキス
サイタイとは「へその緒」をさし、サイタイエキスはへその緒由来の成分です。
再生医療の分野で利用されていますが、美容業界でも注目を集めています。化粧品に使われるのは豚や馬のサイタイエキス。ターンオーバーを整えて、ハリを回復させてたるみやシワを改善します。またメラニン生成を抑える働きもあるので、シミやくすみの改善も効果が期待できる成分です。

 

美容成分4. プロテオグリカン
プロテオグリカンはチェルラーブリリオだけでなくハニプラ美容液にも配合されています。
効果は先にもあるように、コラーゲンやヒアルロン酸の産生をサポートや保湿、シワ、垂見の改善、シミを防ぐといったものがあります。

 

卵殻膜美容液ベスト3に輝くだけあり、卵殻膜の効果をバックアップする成分も美肌効果の高い魅力的な成分が使用されています。

 

副作用はある?卵殻膜美容液の安全性

卵殻膜美容液の副作用

卵殻膜美容液には副作用はありません。
卵殻膜美容液は医薬品ではなく、化粧品です。
化粧品というは肌角質層までの保湿作用により、肌を健康に保つという目的があります。
保健衛生上の危険がある製品の販売は厚生労働症で認められていなく、化粧品成分の配合料も定められています。

皮膚科や美容クリニックで処方させる医薬品は、即効性はありますが、その代わり副作用リスクも伴うものです。
化粧品のメリットは、効果は緩やかながら副作用のリスクがなく安全に使用ができる点にあります。

今回紹介している3つの卵殻膜美容液も、安全面において考慮され作られているので、安心して使う事ができます。

 

卵殻膜美容液は肌に優しい?

ビューティーオープナー、チェルラーブリリオ、ハニプラ美容液3つの美容液は、肌に負担がかかる成分は含まれていなく、安心して長く続けれられるスキンケアアイテムです。

これら3つの美容液に含まれていない成分を確認しましょう。

ビューティーオープナー
合成香料不使用・合成着色料不使用・旧表示指定成分・鉱物油不使用・アルコール不使用

 

チェルラーブリリオ
アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤、着色料、合成香料

 

ハニプラ美容液
合成着色料、パラベン、鉱物油、紫外線吸収材、石油系界面活性剤、シリコン、キレート剤、タール系色素、サルフェート

 

3つの美容液は無添加であるため、とことん肌に優しい成分の美容液を使いたい人におススメです。
肌に優しい卵殻膜美容液ですが、卵アレルギーがある人は使用を避けた方が良いでしょう。

また、安全面に考慮されているとはいえ、使う人すべての人の肌に合うのかと言われたら、そうではありません。
肌に合わず、中にはかゆみや赤みといった症状が現れることも否定はできないため、敏感肌の人はパッチテストを行なうか、医師に相談してから使用を始めてください。

 

 

卵殻膜美容液の効果的の使い方はある?

 

せっかく良い美容液を使うんですから、効果は十分に発揮させたいですよね。
使用方法にコツはあるのでしょうか?
3つの卵殻膜美容液の、効果的な使い方をご紹介してきます。

 

ビューティーオープナーの使用方法

1.  クレンジング・洗顔後、手のひらに1~3滴取ります。
2. 両手のひらで美容液をのばした後、顔全体になじませる
3. 化粧水、乳液などいつものスキンケアを行う

乾燥が気になる場合は1円玉大ほど手に取りましょう。ビューティーオープナーが情報バラエティー番組「Girls Happy Style」で取り上げられた際、出演していたメイクアップアーティストのピカ子さんが、
「濃厚な美容液だから、20代の若い子たちは化粧水で薄めるとちょうどいいですね」というようにコメントしていました。
エイジングケアはもちろんの事、若い世代もスキンケアで取り入れることができます。

 

チェルラーブリリオの使用方法

1. クレンジング・洗顔後、手のひらに2~3滴をとる
(使い始めはグングン浸透してい効くので、少し多めに手に取るといいです)

2. 指先にとり、顔全体になじませていく
3. 仕上げに両手でしっかりと包み込み、浸透させる
4. 化粧水・乳液の普段のスキンケアを行う

顔の中心から外側に向かって広げていくのがコツで、頬を塗る場合は肌を引き上げるようにして塗っていけば、リフトアップ効果が狙えます。

 

ハニプラ美容液の使用方法

1. クレンジング・洗顔後、手のひらに1滴をとる
2. 顔の中心から外側に向かってのばしていく
3. 浸透させた後は、化粧水・乳液の普段のスキンケアを行う

これを1日2回、朝と晩の洗顔後に行います。
卵殻膜美容液は卵殻膜の独特な臭いが苦手という人もいるようですが、ハニプラははちみつエキスの香りで使用感に定評があります。

 

気になるところは重ね付けが効果的

卵殻膜美容液は、顔になじませた後、目元や口元などの気になるところに重ね付けするとより効果的です。

乾燥が気になるところやより効果が欲しいところはよりたっぷり優しく塗り込みましょう。

 

卵殻膜美容液は化粧水のブースター効果もある

紹介した3つの卵殻膜美容液は、基本的に説明でもあるように洗顔後のスキンケアで一番初めに使用します。
美容液は通常、化粧水→美容液→乳液(クリーム)の順番で行うのが一般的。
しかし卵殻膜美容液はブースターとしても良い働きをします。
卵殻膜美容液にによって、次に使うスキンケアアイテムの浸透がより良くなります。
美容液、化粧水の相乗効果によって、上質なスキンケアが行えます。

更新日:

Copyright© 空飛ぶ卵殻膜 , 2020 All Rights Reserved.