機長の責任

天気、管制、機材、周りの環境は判断の要素でしかない 操作をするのはパイロットです 何があっても、すべての責任は機長が背負うべき だからこそ機長だとおもいます
民間機は通常IFRで飛行してますから、着陸方式はVisual、ILS、VOR、それらの複合と多数 どれを選ぶのかは機長が管制に要求 管制機関は、安全な管制間隔がとれるのであれば許可 もちろん航行の安全上必要な事は伝えますが機長のリクエストが第一 だからこそ、機長責任は重いのです

+.゚(*´∀`)b゚+.゚ィィネ!!と感じたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://fly-tanuki.jp/archives/183/trackback

PAGE TOP