安保関連の報道を見て

安保関連の報道
→ 危険な仕事だというのはわかってるし、もともと槍の矛先として勤務することを選んだ身としては、「やるべきことをやる」だけと思ってた。

戦場ではないという安全性は、単に前線の後方というだけで、現代の戦略兵器は距離は無関係 つまり「どこも戦場」と思ってた

自衛隊等に反感を持つ人が多いのは理解

一般道を銃もって行進したり、戦闘訓練をすることが、それを見た住民の方に不快感を与えるのも理解できた

でも、どんだけ罵声を浴び、不快感を露わにされても、何者かが銃を持って、そういった人の前に現れたら、我が身を呈して守ろうと思っていた

私は少し変わっているのかもしれないなー(´-ω-`)

でも、勘違いしてほしくないけど、組織から「そうしろ」といわれたことはないのです
そういう教育も受けていない

でもね、自らに課せられた任務を正確に確実にこなすことが、日本をまもることになる とは思ってました

いろんな国の方に会い、風習や慣習、考え方を学び、体験してきましたけど、やっぱり「日本」が一番なんですよね

だから、国家も国旗も大切ですし、国そのものに誇りをもってます

あ、これ別に右だの左だの、そーゆー思想とかを勧めてるわけではないですよ

でもね、でもでも
日本の  水はうんまい  米もいちばん  四季あるのもよい  人がよい  おにゃのこも可愛いw

+.゚(*´∀`)b゚+.゚ィィネ!!と感じたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://fly-tanuki.jp/archives/298/trackback

PAGE TOP