METARの解析と読み方(4)

長く続いたMETAR解析ですが本章で最後です。


前回

                  RDrDr/VrVrVrVri
VVVV        又は                                             w’w’ 続く・・
又は        RDrDr/VrVrVrVrVVrVrVrVri
CAVOK

では、この続きから

NsNsNshshshs
又は                   WS RDrDr
VVhshshs    T’T’/T’dT’d QPhPhPhPh    又は
又は                   WS ALL RWY
NSC

NsNsNshshshs 又は VVhshshs 又は NSC 群:雲又は鉛直視程

雲量および雲底の高さを、「NsNsNshshshs」で表します。

雲量は、「NsNsNs」部分で表し、全部で4種類あります。

  • FEW(Few:フュー):雲量1~2オクタス
  • SCT(Scater:スキャター):雲量3~4オクタス
  • BKN(Broken:ブロークン):雲量5~7オクタス
  • OVC(Over Cast:オーバーキャスト):雲量8オクタス

※ オクタスとは、全天と8とした場合の、総雲量を言います。

雲底の高さは、「hshshs」で表し、単位はftを使用します。

例えば、3,000ftであれば、「030」と表します。

VVhshshs」は、鉛直視程といい、天空が不明の場合(例えば雲中など)に鉛直視程(垂直方向の視程)を報じます。

NSC」は、「nil significant cloud:ニル・シグニフィカント・クラウド」のことで、前述の「CAVOK」に該当しないが、雲がない場合に使用されます。

T´T´/T´dT´d  群:気温/露点温度

気温及び露点温度は小数点以下の観測値は1℃単位に丸めて報じます。

気温及び露点温度が-9℃~+9℃の場合は0を前置します。

例えば+9℃は09,+0.5℃は01 と報じます。

0℃未満の温度はM(マイナス)で示します。

例えば-9℃はM09,-0.5℃はM00 と報じます。

QPhPhPhPh 群:アルティメーター・セッティング

QNH はhPa の10 分位を切り捨てた値をQPhPhPhPhに報じます。

QPhPhPhPh の前にスペースを置かずに指示文字Q を前置します

WS RDrDr 又は WS ALL RWY 群:補足情報

補足情報は、「低層のウインドシアー」に関する情報に用います。

ある滑走路の滑走路面と上空500m(1600ft)の間の離陸路又は進入路に沿って運航上重要なウィンドシアーがあるという情報が入手され,かつ局地状況がこれを裏づけるような場合に報じられます。

観測時刻の前30 分以内に観測されたものについて,「S RDrDr」群を最大5群まで繰り返すことができます。

また、離陸路又は進入路に沿ったウィンドシアーが、飛行場の全滑走路に影響する場合は,「WS ALL RWY」を報じます。


さて、いかがでしたでしょうか。

METARは、航空従事者には必須の情報であり、必ず解析する能力が必要です。

基本を覚えてしまえば、あとは順番が決まっていますので、解析は容易です。

あとは、よく使われる言葉の意味を理解しておくことができれば、日本全国のリアルタイムな気象情報を知ることが出来ます。

ぜひ、理解してみてくださいね。

METARの解析と読み方①

METARの解析と読み方②

METARの解析と読み方③

METARの解析と読み方④

+.゚(*´∀`)b゚+.゚ィィネ!!と感じたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://fly-tanuki.jp/archives/5791/trackback

PAGE TOP