たぬらじ#09「直径3kmの円形滑走路を考える/スペマ機の由来」

「たぬらじ」第9回は、TwitterのDMでいただいた話題について掘り下げてみます。

EUで、狭い土地でも大量の航空機が離発着できる飛行場として、円形滑走路の開発計画があるそうです。

参考URL:http://businessnewsline.com/news/201703210352190000.html

画像を見る限り、ドーナツのような飛行場ですが、まず単純に加速減速する航空機が、この曲率を持つ滑走路を走行できるのか?という疑問がわきました。

今回は、物理と数学をつかって、この円形滑走路の可能性について探ってみます。



「たぬらじ」は、毎週土曜日22時より、Youtubeにて放送中です。

放送URLはイー・フライトアカデミーYoutubeチャンネル(https://goo.gl/UiPO7f

ご質問や依頼、ご意見などなど、皆様からのお葉書を募集しております。

+.゚(*´∀`)b゚+.゚ィィネ!!と感じたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://fly-tanuki.jp/archives/5822/trackback

PAGE TOP