パイロットになるための進学

パイロットになるための進学について 文系の一流大学?操縦士学科のある大学?

①大変重たい質問ですので、私ごときが答えていいのかとても迷いますが、今現在の私が感じる範囲でお答えしますね 今、操縦士という仕事を行っていて、常に感じるのは「持つべき知識は、必ず勉強しなければならない」ということです。

②現在、操縦教員として生きていますが、操縦士の世界というのは常に勉強です どの仕事もそうかもしれませんが、プロであり続けるには勉強し続けることが必要になります。

③一流、三流と、大学は色々あるのかもしれませんが、パイロットを目指すのであれば、やることは同じです。 それを今から行う(航空関係の大学)のか、あとに(文系大学)やるのかの違いのような気がします。

④でも、パイロット、恐らくエアラインのパイロットとして勤務したいのですよね? ならば、まずは「エアライン」に操縦士要員として就職することが最も大切かと思います。 そういう意味からすれば、文系から操縦士要員というのはつながりが厳しい気がします

⑤操縦士のライセンスをとれば、スタートラインには立てるはず。 どこに進学しても、トップの成績で卒業すれば、おのずとエアラインの道ができてくる気がします。

⑥すべて、「自己の努力と結果」です。 特に操縦士は「結果」を重んじる。 だからこそ、エアラインのパイロットのソースはバラバラなんです。 いかに、正確、安全、確実に操縦できるか?すなわち、「自分の腕」次第ということです。

⑦誰にも負けない操縦の腕と空の知識をつけること。 これが、どこに進学しても大切なことのような気がします。

+.゚(*´∀`)b゚+.゚ィィネ!!と感じたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://fly-tanuki.jp/archives/639/trackback

PAGE TOP