鬼怒川氾濫に際して・・救難ヘリや自衛隊の運用について

鬼怒川氾濫の後、自衛隊や災害派遣、救難ヘリコプターのお話がかなりありました。

こちらでは、その時のたぬ質問をまとめております。

1 今回の救難出動において 「もっとヘリを!」というご意見がありましたね 確かにそうなんですが、法律に定められる自衛隊の任務は「国防」なんです 救難は「コンバットレスキュー」といって戦場での救難行動部隊 その能力を災害派遣依頼によって発動してます なので、そこまで機体は増やせない…

2 自衛隊の救難活動開始が遅い!というご意見 災害派遣の出動命令は、地方自治体等の長からの出動依頼がなければできません 過去の大震災では、基地司令レベルで独自に出動したことはあります でも、それは「勝手な行動」でしたので、後日責任をとって辞職しています 文民統制という言葉の重さです

3 警察→消防→海保→自衛隊ですからね・・最後に回ることのもどかしさといったら。。

4 自衛隊はシビリアンコントロールされなければいけません 決して自衛隊だけの判断で独走してはいけないのです たとえ、結果として多くの人命を救ったとしてもね(´・ω・`)

5 全部隊や全航空機を投入することはできない 実は一番ヤキモキしているのは、現地から遠く離れた行動できる人たちかもしれません

6 戦争も災害も震災も、何もない時が平和 そんな時代が長く続くと、「もしも」に備えること自体が無駄に思える時もあるのでしょうね 昔に比べて、機材も高価で、人を育てるのも時間がかかる でも、「1日のために100年兵を育てる」ことも大切かと思います

7 やはり本業は疎かにはできない 本当に極端なことを言えば 「戦略として、相手国が弱っている時こそ攻勢の時」ですから 国内で何があっても、確固とした国家防衛基盤は確保されるべきと思っています

 

 

+.゚(*´∀`)b゚+.゚ィィネ!!と感じたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://fly-tanuki.jp/archives/970/trackback

PAGE TOP