乗り物酔いの克服

乗り物酔いは、

人間は自分の姿勢を各部にあるセンサーが感知して、最終的に脳で判断されています。

この時、各種センサーが互いに異なる結果を出したとき、脳で処理の矛盾が発生し、それが「酔い」となって現れます。

もちろん、もともとセンサーが過敏な場合もあります。

乗り物酔いは、耳の三半規管と耳石の過剰反応によって発生します

特に視覚情報が少ない中での身体の動揺が大きな原因

なので、電車に乗るときは、窓側の座席にのって、できるだけ外を眺めてください

特に進行方向をみて次に電車がどっちへ曲がるか考えるといいですよ

これは車の場合も同様です。

横向きに座らない。出来るだけ前に座る。前方を見て行動を予測する。

これだけでもかなり変わってくるはずです。

+.゚(*´∀`)b゚+.゚ィィネ!!と感じたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://fly-tanuki.jp/archives/974/trackback

PAGE TOP