火山が噴火して飛行機が欠航する

「火山が噴火して飛行機が欠航する」

これは航空機は「火山灰の中は飛んではいけない」のです

火山灰の中には各種の粒子が含まれています

これがエンジンに吸い込まれるとエンジンブレードにひっついてしまい、エンジンが最悪オシャカになります

また、単純に燃焼用の酸素が足りないなども要員になります。

 

レシプロエンジンの場合は、吸気フィルターを通してエンジンに吸い込むので、エンジンは守られます

でも、フィルターが詰まったり、プロペラ等にゆう着する可能性がありますので、やはり飛ぶべきでないと思っています

 

+.゚(*´∀`)b゚+.゚ィィネ!!と感じたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://fly-tanuki.jp/archives/976/trackback

PAGE TOP