雲とお天気と気持ちと

高積雲(こうせきうん)は雲の一種。小さな塊状の雲片が群れをなして、斑状や帯状の形をつくり、白色で一部灰色の陰影をもつ雲のこと。まだら雲、ひつじ雲、叢雲(むら雲)とも言う。

少しだけ学術的にw 雲が発生するには空気の対流が必要 簡単に言えば上昇気流で空気が冷やされることが必要です(上昇以外で冷えることもある) 対流活動は、あっても50,000FTが限界なので、雲上限は決まっています もちろん、その上は快晴ですよ

そして、詩的にW どんなに地上があめでが降って、暗い曇天であっても、その上は快晴です どんなに濁っていて、汚く、つらい状態でも、どこかに青空があるのかもしれませんねヽ(*´∀`)

天気が悪い日が続くと、気持ちも徐々にブルーになりますよね 私も毎日空を見上げてる仕事 やはり天気には敏感ですし、気分が左右されることも・・ すこーし沈んだときには、汗をかくのもいいかもです

(なんか限りなく松岡修造氏wwwwwww)

+.゚(*´∀`)b゚+.゚ィィネ!!と感じたらシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://fly-tanuki.jp/archives/981/trackback

PAGE TOP