着陸体制の飛行機が接地面に近づくと、主翼の吹き下ろしが接地面に当たって、水平尾翼にあたり機種下げのモーメントを発生させます このため機種が下がらないように機種をあげようとするのですが、そうすると着陸できない(浮いてしまう …
F-4そのものは着艦できますね 空自のF4もフックありますし、格納のための翼が畳める機能はそのままだったような でも日本に空母はないですし、米軍の空母に降りるのも法律とかが大変そうです(^-^;
問診で合格をもらったら、あとは会計しておしまいです 今回は更新ということで、安くすみました でも、ここは全国的にみても安いです そして、証明書(・∀・)ケ゛トーです 連投失礼いたしました
問診 最後に航空身体検査医と問診です 胸部に聴診器あてたり、簡単な質疑応答 各検査の結果を教えてくれます ほとんどの場合、検査医はライセンスをお持ちだったりします 飛行機やヘリが好きな方なので雑談してしまうこともしばしば …
ここで、休憩にはいります 本来なら、血液検査や胸部レントゲンとかもあるのですが、今回は更新ということでなし この間に、航空身体検査証明申請書を書きます
心電図 普通に計ります 寝ないようにwww これは私の波形 正常らしいのですが…よくわかりませんwww
聴力 ヘッドホンを付けて、小さな音を聞き取ります どれくらい小さいかというと、防音室に検査看護士さんと入るのですが、看護士さんの白衣が擦れる音さえ気になるレベル 普段からイヤホン大音量とかしてると、これは辛いかも
視野、盲点 それぞれの眼球がどれくらいの範囲を見れているかです 台座に顎をのせて、左右それぞれ計ります もちろん、目線は正面のまま 白い光が外側から中央へ動いて来ますので、見えたらスイッチを押します 顎を乗せるとこんな風 …
さらに、本を読んだりします 約80センチ離れたところから、文章を読んでいきます あ、もちろん検査の度にページは変わりますよ 暗記してもダメですからねσ(^_^;
視力の続き 中を覗くと、こんな感じです 見えますか? さらにカメラをつっこんでみましたwww
PAGE TOP